カテゴリ:旨〜い!お話( 16 )
Cesare(白トリフ)
以前から行きたかったお店「チェザーレ」に行ってきました。

お店のあるアルバレット トッレに着くと、まず…看板がない!
とてもいい感じ!
暖炉の薪用(?)の木で作られた塀の入り口から中に入ると、
ご主人のチェザーレ自身が出迎えてくれ、
「準備が整うまでちょっと待って。」と、テラスで待つことに
なったのですが、そこからは昨日雪が降ったばかりの
アルプス山脈の壮大な風景が!
海党の私達でも感激するくらい素晴らしい眺めでした。

cesare_400.jpg

それに、チェザーレ自身が描いたという絵が店内外を
問わず至る所にかけてあって、可愛い
(お手洗いにたどり着くまでの通路が痛快です)。

店内に入ると、部屋に通されると白トリフの香りが
充満していて、「ウワァッ!」
見回すと、仕切りのない個室のようになった隣の部屋の
十名程で囲む丸テーブルの上に大きな白トリフが!

truffe.jpg

この大きさだとゆうに1500ユーロ(25万円!)
はするんじゃない…。
(後から来たイタリア人の団体が惜しみなく使っていました。)

さてさてお料理はと言うと…

続きを読む

[PR]
by keiko_maika | 2007-10-30 06:51 | 旨〜い!お話
あ〜〜〜ぁ、トスカーナ!
トスカーナより戻りました。

マイカの望郷の地「トスカーナ」に久々に行ってきました。
トスカーナに行く都度、この光が違う!と、目の前に広がる
穏やかな起伏の景色を眺めつつ、感慨深げなマイカでした。

私達が泊まった街はフィレンツェまで20キロ位の
ポッジオ ア カイアノ(POGGIO A CAIANO)とか言う街で、
そこにはかの有名な(知らなかったけど)メディチ家の
お屋敷があるとか。

結局何処にあるのか知らないままで、隣村に撮影に行きました。
すると…、

つづきはこちら

デザートのババロア
f0060112_8125655.jpg
[PR]
by keiko_maika | 2007-03-20 08:15 | 旨〜い!お話
男の中の男の料理!(3)
ニンニクを皮ごと岩のかけらでバッシ、と潰し、鍋にいれる。
切ると、旨くない!と一言。
自家製のオリーブ油をたんまりと、なみなみ(かな?)といれ、
今まで用意した材料を炒め始めた。
2等分された蟹の頭が4個も入った。

そして、その大きな手にくぼみを作り、これが一人分の量、
と言って米を計り、鍋に入れて行く。

今日は何人で食べるの?
と、初めて本日のパーティーの人数を聞くと、4人!
との答えが返って来た。

エッ、4人???

つづきはこちら

出来上がった「カタルーニャ版蟹おじや」f0060112_7444377.jpg
[PR]
by keiko_maika | 2007-03-18 08:01 | 旨〜い!お話
男の中の男の料理!(2)
本日のDiegoの料理は「カタルーニャ版蟹おじや」!かな?
下準備を始めたDiegoの脇でその様子を見ていると、まず、
私達には手伝う隙が全く無い。

手早くサッ、サッ、サッ、!と処理をして行く。
これ又凍らせてあった、イカの固まりを持って来た。
解凍した10匹ほどのやや細めのイカを、足と、胴体を離して、
それぞれを別の容器に入れたところまでは、理解出来る、が…。

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-03-17 09:14 | 旨〜い!お話
男の中の男の料理!(1)
これぞ、男の中の男の料理!と言うのを味わうことが
出来た。

先週ラングドック、ルシヨンに撮影に行った後で、
つかの間の休暇をマ・エステラで過ごし、素敵な2日間
だった。

マ・エステラはスペインのフィゲラスから海側に入った
小さな村にある。

マイカの写真で乾杯!、の中に語られているように…、


つづきはこちら

調理するDiego
f0060112_3272428.jpg
[PR]
by keiko_maika | 2007-03-14 03:32 | 旨〜い!お話
Fonfon
旅からの帰り道、シャトー ドゥ ロックフォール
(プロヴァンス地方、バンドルの裏)へ寄った後に
マルセイユへ行き、久しぶりにFonfonで食事をしました。

Fonfonはマルセイユの東側、海岸線を走る道路から
ちょっと見えにくい小さな可愛らしい入り江に面した、
元々漁師の家族が経営するお店で、ブイヤベース
(私達はいつもサフランを使わないブイヤベース風
魚スープBourrideを頼んでいます)が有名なお店です。

と、ここまでは美味しいお店の紹介のようですが、実は…

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-03-09 00:19 | 旨〜い!お話
Paolo & Barbara(03)
前回からの続きで、何が「おまけに」かと言うと、
パオロ&バルバラのお店には自然派のワインがたんまり
あるのです。
以前は有名なドメンヌのものも沢山あったのですが、
ここ1〜2年来方針を転換し、これからは…

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-02-12 02:23 | 旨〜い!お話
Paolo & Barbara(02)
前回のお話の通り、パオロ&バルバラの生魚料理は素敵です。
でもぉぉぉ…、あぁぁ…、足らないよぉ〜!
「イタリア料理ではメインではないから。」
と言う彼らに、確かに利はあります。
でも、私達はやっぱり日本人(特にマイカ!)。
イタリア人と違って、生魚だけだって満足してしまうんですけ
どね、量さえあれば、量さえ!

と言うことで、私達がパオロ&バルバラのところでよく食べる
のは、実は…

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-02-10 17:55 | 旨〜い!お話
Paolo & Barbara(01)
サンレモのレストラン「パオロ&バルバラ」に通い始めて、
かれこれ数年になります。
きっかけは、モナコのオテル・ドゥ・パリにあるSBM
(カジノやホテル、レストランを運営する会社)の
カヴ・サントゥラル(アラン デュッカスのレストラン、
ルイ15世のワインもここで管理)の頭を勤める友人が、
私達の家に食事に来た時に、
「イタリアだって…

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-02-08 03:16 | 旨〜い!お話
プチ ポワソン、ボー ポワソン!
木曜の朝なのに、8時半に電話が鳴り、「アロー」と出ると
ニースの市場の魚屋からだった。
「今朝、プチ ポワソン、ボー ポワソン!が入ったが、
コム ブー ブレ!」と、言う。

このところ連ちゃんの徹夜で、未だ頭は寝ていたが…

つづきはこちら
[PR]
by keiko_maika | 2007-02-02 06:34 | 旨〜い!お話



人との出逢いを追い求める写真家 maika と歩む keiko の走り書き
by keiko_maika
カテゴリ
出逢い(FEU-BEAU)
風貌語録
日本の金字塔を守ろう!
旨〜い!お話
乾ぱ〜い!
テラス便り
お知らせ
以前の記事
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
FEU-BEAU - フ...
メモ帳
1月1日〜2月3日のkeikoの旧ブログ
【欧州、撮影後に
「乾ぱ〜い!」、最高!!】
http://plaza.rakuten.co.jp/feubeau
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧